こんばんは。

今日は絶賛中の人をしてたヒゲのふじもんです。

そうです。

京都で初めて学生服リユース販売を始めたクリーニング屋さん、ロイヤルクリーニング東京社のヒゲのふじもんです。

 

先ほどまで中で包装、包装、ひたすら包装、してました(笑)

 

IMG_4601

 

包装、それの意味とは

はい、昼過ぎから外回りに行って帰ってきたらとりあえず包装。

包装。

包装。

包装。

当社の通常包装はご覧の通り、ナイロンの包装です。

でも、これは管理できてる店舗や工場だけでの話。

ご家庭ではナイロンの包装は外して下さいね。

よくクリーニング屋さんなどでも耳にすると思いますが、ナイロンの包装のまましまいこんじゃうと衣類にとっては良いことなんてなーんもありません!!

 

想像して見て下さい。

ご自分がもし暑い寒いの繰り返しの中でずぅっと通気性の悪いナイロンの服を着続けてた場合。。。

 

熱いと汗かきますよね。

 

でも、通気性ないから衣類は息苦しくなるし、蒸し蒸ししたその湿気が逃げるところもないですよね。

息苦しいわ、通気性ないわ、ええことないやん!

そう!そうなんです。

ええことなんて何にもありません。

 

だからクリーニング屋さんは『しまいこみセット』を推すんです

 

IMG_4348

 

通気性のないナイロンの包装紙のままでいると衣類も温度差でできた湿気などがたまる一方になるんです。

湿気や水分が溜まれば溜まるほどどうなる?

それがカビの元になったり、湿気でナイロンと衣類がくっついたままの状態が長く続くと他のところから飛んできたカビ菌が住み着いちゃったり、寒くなると暖房器具などから発せされるガスによって衣類を変色さしたり、退色させたりします。

はい、良いことなんてなーんもないですね。

 

 

だから不織布使用で通気性もバッチリ、しかも防虫防カビ加工もしてある『しまいこみセット』をお勧めするんですね。

タンスやクローゼットを開け閉めしてたらせっかくの防虫防カビ効果がその度に外に放出されます。

でも、しまいこみセットに入れておくとクローゼットやタンスを開けようが閉めようが包装の中でずっと防虫防カビ効果に包まれてるのですごく良い予防になるんですよ♪

もちろん、市販の防虫剤とも喧嘩しにくいですからその辺も安心ですよね♪

 

だから、今日からクリーニング屋さんから持ち帰ったらせめてナイロンの包装は外して保管して下さいね♪

 

さぁ、ふじもんは今から明日の仕分けをしてからのシミ抜き、もしくはシミ抜きしてからのあしたの仕分け、どちらにしようかと思案中です。

 

でも、気がつけば外はめっちゃ雨降ってますね(^◇^;)

 

IMG_4606

 

雨がひどくなる前に車に積み込みしておいてよかったよかった♪

ちょっとラッキーです。

 

では、夕刻からも頑張っていきましょう〜!

よろしくお願いします!