こんにちは、東京社、ヒゲのふじもんです。

ポスティングに行きたいなぁと思いつつこれ書いてます。

そんな今日はこれから活躍するニット、よく見たら脇が茶色っぽく変色してるからどうにかしてとシミ抜きのご依頼をいただきました。

本来、ドライクリーニングだけではどうしても汗の成分が100%落としきれないのでどうしても汚れが残ってしまいます。

汗の汚れなどが残ったままだとそれが長い年月をかけてアルカリ化し、アルカリ化するとだんだんと生地や色に被害が及びます。

ちょっと難しいですよね。

要するに、シミや汚れ、汗の汚れがついたままほっておくとその汚れや汗の成分が衣類に染み込み、生地の色を侵食し、同時に生地を侵食していくのです。

かなり大まかに言うと、それを『アルカリ化』と言います。
※かなり大まかにまとめて言いました。

 

脇や背中、首回りなどはどうしても汗、かきますよね。

冬は外気は住めたいのですが、屋内外の気温差で汗をかきがち。

しかも、夏場に比べて水分も取らないのでサラサラの汗ではなく、少し粘度の高い汗をかくんです。

なので、よく着たセーターやアウターなんかは思いの外、頑固な背が残ってることが多いです。

今回もそのようなケースでしょうか、黄緑っぽい色のセーターの脇や首回りが茶色っぽく変色してます。

 

IMG_2182

でもここで気をつけたいのがセーターはウールの糸でできているという事です。

ウールやシルクなどの『タンパク質』でできた繊維はアルカリ化に弱く、いつもの黄変処理とはちょと違う方法で対処しなくてはいけません。

 

IMG_2480

左側の紫色した液体、これも立派な漂白剤なんです〜。

これを使って黄変を処理した後、色を重ねていくと


IMG_2329

写真は下手ですいませんが、ご覧の通り、目立たなくなりました♪

これでまたこの冬も活躍してくれるかな?

あ、この秋冬に着る衣類に毛玉、ついてませんか?

ロイヤルクリーニング東京社では無料の毛玉とりとはひと味もふた味も違う好評の職人による毛玉とりも承っております!

通常毛玉とり ¥315(別)〜

通常以外にもデラックス毛玉とりもありますのでお気軽にお申し付けくださいね!

 

やっぱり、先生や先輩方のご意見を参考にしながら、学んだ事の繰り返し、やっぱり、シミ抜き、色は奥が深い分、たのしいですね♪

さぁ、今からシミ抜き開始です!

本日もロイヤルクリーニング東京社とひげのふじもんをよろしくお願いします〜!